手洗い特集

型崩れ防止には手洗いを

ご自宅でお手入れされる場合、型崩れ防止の手洗い推奨です。
1.温度40度以下の水に適量の中性洗剤を混ぜ、その中に15分ほどひたします。
温度40度の理由は中性洗剤が溶けやすく、効果を最大限に発することができるからです。
その液につけておくことにより、汚れが生地からはがれやすくなります。
ごしごし洗わなくても汚れが落ちやすくなります。
つけおき洗いは、型崩れ防止になります。

2.きれいな水にかえて、こすらないようゆっくり生地を押しながらすすぎます。

3.洗濯機で脱水できます。
たたんで サイズがぴったり合うネットに入れ、洗濯機で1分ほど脱水します。
ぴったりしたネットに入れる理由は、ネット内で動かない為です。

4.両手でウエスト部分を持ち、上から下へ振るようにしわを伸ばします。

5.風通しの良い日陰につり干しします。
日陰に干す事で太陽光による日焼けを防止することが出来ます。
また裏返しにして干すことでより日焼けを防止につながります。
洗濯機に手洗いコースがある場合は、サイズがぴったり合うネットに1枚のみ入れて洗濯します。
他のものと一緒に入れたり、サイズが合わないものに入れてしまうと生地が擦れたりするためです。
脱水・干し方は手洗いの3~5と同じです。

6. アイロン仕上げ可能であればアイロン仕上げをします。
可能であるかどうかは洗濯表示にて確認してください。
あて布をすると生地のテカリ防止になります。
裏側から先にアイロンし、表側をアイロンします。

運営会社について