メディアポリシー


<戸田被服株式会社> (以下、「当社」といいます。)は、個人情報の重要性を認識し、 個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令及び社内規程 等を遵守し、当社で取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。

01. 基本方針

SNSを通じて当社情報・製品情報を正しく伝えていくこと。
各 WEBショップの SNSアカウントでは、日常の様子などを担当者を通じて伝えしきながら もっと身近に当社製品などを感じてもらう。
お客様へ向けてのコミュニケーション発信とし、自社の事は「弊社」と謙譲表現をおこなう。
※当社は丁寧語、弊社は謙譲語
ツイート内容は会社を代表するものではなく、あくまでも個人に帰属するものとする。

02. 機密情報の保護

自社の経営情報、非公開情報、個人情報、企業に知的所有権がある情報などは発信しない。

03. 第三者の権利の保護

自社のみに限らず、著作権・肖像権・商標権など第三者の持つ権利を侵害しない。
企業名アカウントでの利用は全て「商用目的」とみなされる為、フリー画像を使用する場合には 商用利用可能かどうかを必ず確認する。
著作物に関しては必ず帰属表示をする。

04. 顧客や取引先等の情報保護

自社のみに限らず、顧客や取引先などが特定される情報、あるいは顧客・取引先の機密情報等を 発信しない。する場合には許可を得ること。

05. 誹謗中傷の禁止

人種や国籍などの蔑視や個人への侮辱・猥褻など、特定の個人や集団に対する攻撃・差別・セクハラ・ 排他的な発言を行わない。

06. 真偽不明な情報の取扱い

真偽が定かではない情報を安易にSNSで発信しないこと。 必ず一次情報を確認すること。

07. 自社に関する情報発信

自社製品や自社キャンペーン等に関する情報発信の際の注意点を厳守する。
発信のタイミングは解禁日時を設定し、予約投稿機能を使い発信する。
製品名は楽天で販売時に付けている商品名に統一する。

08. 個人の責任の説明

全従業員・社員個人の SNS 上の投稿やコメントは全て本人に最終的な責任がある事を明確にする。
また投稿者が自分の責任において発言しているものに関し、当社社員(Twitter担当以外)がリプライ(返信)する場合 匿名アカウントなどではなく、きちんと身元が判るアカウントにて発言すること。
社内向けではなく社外に向けて担当者は発信している為、社員同士で発言しあってしまうと なれ合い感や個人アカウントの様なものになってしまい、本来の運営目的からずれてしまうので避けること。

09. クレームなどの苦情ツイートを見つけたら

当社商品等に関するクレームや苦情のツイートは、まず最初に「意見か感想か」を考えること。
必要であればリプライ(返信)にて対応窓口への案内を行う。
Twitter 上での対応は基本的に行わず(DM 含む)電話・メールにてお問合せ頂けるようお伝えする。
Twitter 上ではお客様の購入履歴の確認などが出来なかったり、なりすましクレームの場合もありうるので 「個人情報保護の観点より、恐れ入りますが対応窓口へご案内しています」などと理由を述べ案内すること。

10. フォロー基準

平等性を欠く為、一般アカウントはフォローしない。
公序良俗の守られていない企業アカウント・アダルト系公式アカウントに関してもフォローしない。

11. いいね基準

「いいね」を頂いたアカウントには基本的にいいね返しを行う。
「広島Twitter会」など地元の企業の投稿や、参加している企画などで繋がりのある企業に関しては一定時間を設けていいねを行う。
一般アカウントに対するいいねは基本的に「当社製品などに関すること」のみとする。 それ以外の投稿に関しては業務時間削減の為、基本的にこちらからは「いいね」を行わない。
※各担当者の判断によりいいねをする場合もあるものとする。

12. リプライ・リツイート基準

他社の情報をリツイートにて拡散する際にコメントする場合には、発信元や内容などが判る様にコメントする。
リプライする際には相手の投稿場所であることを考慮し、配慮したコメントを心がける。
リツイートは応援、リプライは共感を基準として行う。

13. 削除基準

誹謗中傷や第三者の権利を侵害する情報、または投稿は削除する

14. 禁止投稿

政治経済・野球・時事問題等世論が割れやすいものに関して言及した投稿は行わない。


Twitterルール・マナー


01. 個人情報は載せない

公開している会社の情報以外の個人情報等は載せてはいけません。
個人の住所や電話番号またはそれが推測されてしまうような文面や写真は絶対に載せないこと。

02.著作権を侵害しない

企業アカウントでの投稿は全て「営利目的」とみなされます。
ダウンロード画像等を使う際には「商用利用可能」かどうかを調べてから使います
他社商品の紹介をする時など、無断転載や無断改造はしてはいけません。

03.誹謗中傷・攻撃的なツイートはしない

実生活では発言しないようなことでもしてしまう場合があります。
不特定多数が目にする場です。目的を忘れることなく対応してください。

04.複数のアカウントを不正利用しない

目的に応じて使い分けることは Twitter のルール上 OKとされています。
ただし凍結された際の保険としてアカウントを作成することは不正利用になります。

05.スパム行為をしない

不特定多数の人にDMを送ったりリプを送る事で相手が不快に思う行為はスパム行為とされます。
Twitter ルールではスパム行為は禁止されており、悪質な場合にはアカウントが凍結されます。
本人がツイートした以外でもスパムツイートをリツイートした場合でもスパム行為とされます。

06.引用RT の内容を変えない

引用元の内容と異なるリツイートはマナー違反です。

07.リプライとDMの使い分け

不特定多数に見られて困るような内容はDMを使用しやり取りを行います。
キャンペーン当選などで個人情報を入手する場合には安全性の高いGoogleフォームを活用します。

08.フォロー返しは強制的ではない

フォローされたらフォローしないと失礼に感じるかもしれませんが、Twitter ルールでは問題ありません。
フォロー基準・フォロー返し基準を設けそれらに準じて対応します

09.勝手な解釈で一方的に否定しない

自分に向けられた言葉ではない事を認識しましょう。
ただの「感想」を「意見」と捉えてしまう場合にも注意しましょう。
投稿に対して否定的な意見が付いた場合には、それに対して反論や弁明などははしないでください。
然るべきクレームである場合には問い合わせ窓口などを案内しTwitter 上で具体的な対応は避けます。

10.ネガティブな空リプで相手を不快にさせない

空リプとは相手のツイートに対する意見をリツイートしたり、相手の発言をスクリーンショットにとり 自分のタイムラインに載せたりする行為をさします。

11.巻き込みリプに注意する

巻き込みリプとはツイートに返信ユーザー以外のユーザーを巻き込む事です。
返信をする度に通知が行くので人によっては「うるさい」と感じる場合もあります。
返信を送る前に第三者の@アカウント名が含まれていないかを確認することで防げます。 


参考
Twitterの暗黙ルールやマナーは?礼儀を守ってTwitterを楽しむ!(https://applica.info/twitter-rule
ツイッターで返信するときに守るべき4つのマナー(https://pendelion.com/twitter-reply-manner

作成
戸田被服株式会社 WEB販売管理部 個人情報保護担当 新井
電話番号: 0847-51-2233 (平日9:00-17:20 隔週土・日・祭日休み)
公式LINEhttps://page.line.me/?accountId=688qfcoh
Eメールアドレス:shop@toda-hifuku.co.jp