パーソナルカラーは自分に似合う色

パーソナルカラーは、自分に似合う色

「持っている服が、同じような色ばかり 」
タンスを開けてみて、そんなことはありませんか?

好きな色に偏りがちだったり
他の色に挑戦したいと思ってもどの色が良いか分からなかったり

そんなお悩みに、パーソナルカラー が役立ちます。
パーソナルカラーとは、自分の肌、瞳、唇、髪の色などと調和し、自分の魅力を高めてくれる色のことです。
パーソナルカラーは1色だけではありません。
色の明るさや鮮やかさも重要です。
ピンクであれば桜色、青であれば水色が似合うといったように、色が違っていても明るさや鮮やかさが近いものがそのひとのパーソナルカラーになります。
パーソナルカラーを身に着けると、血色やスタイルが良く見え、好印象を与えます。
逆に、似合わない色だと、顔色が悪く見えたり服だけが目立って見えます。パーソナルカラーを知ることで、自分に似合う服を見つけやすくなり、おしゃれの幅が広がります。

■パーソナルカラー分類

では、パーソナルカラーの分類を見ていきましょう。
パーソナルカラーは、まず大きく2つに分けられます。
黄みを含んだイエローベースと、青みを含んだブルーベースです。
それぞれの特徴をあげていきます。

・イエローベース

黄みがかった肌黒目が明るい茶色や、深い茶色白目との境目があいまい
チークはオレンジ系が似合うゴールドが似合う

・ブルーベース

ピンクがかった肌黒目が黒や赤みのある茶色、白目との境目がはっきりしている
チークはピンク系が似合う
シルバーが似合う肌はイエローベースだけれど、目はブルーベースの特徴に当てはまる場合もあります。
その場合、当てはまる特徴が多い方がベースカラー(土台となる色)です。

それぞれの特徴を均等に持つ場合は、グリーンベースに分けられます。
グリーンベースは、赤、青など色の分類よりも、明るさや鮮やかさを重視します。

■春夏秋冬グループ

イエローベース、ブルーベースを判断した上で、さらに4つに分類されます。
この4つの分類は、春夏秋冬でグループされています。
四季が用いられた理由は、誰にでもイメージしやすい色だからです。
ベーシックカラー(組み合わせやすい色)に、それぞれのパーソナルカラーを差し色として使うことで、まとまりのある印象になります。

・スプリング(春)
可愛らしく華やか 透明感のある色グループ
春の花や新緑を思わせる色合いが似合う
(桃色や鮮やかなオレンジ、黄緑、明るい水色や紫など)
グレーがかったスモーキーカラ が似合いづらい―イエローベース。
明るく鮮やか目は明るい茶色、肌は色白で乳白色が多く、そばかすができやすい。
ベーシックカラー(組み合わせやすい色)は ベージュ、キャメル(ラクダ色)、ネイビー

・サマー(夏)
爽やかで涼しげ 白や明るい灰色の混ざる淡い色グループ
夏に涼しさを感じるパステル調の色が似合う
(ラベンダーや淡いローズピンク、グレーがかったスモーキーブルーなど)オレンジ系が似合いづらいブルーベース。
明るく曖昧目は明るい赤茶や淡い黒、肌は明るいピンク系が多く、目の下にクマができやすい
ベーシックカラーは 白、グレー、ネイビー

・オータム(秋)
自然な温かみ 深みのある落ち着いた色グループ
秋の紅葉などの植物、大地を思わせる自然な色合いが似合う
(ワインレッドや暗めのオレンジ、ベージュ、ブラウン、カーキなど)
青みの強い色が似合いづらいイエローベース。
暗く曖昧目は深みのある黄みのブラウン、肌は象牙色や黄みがかった
ベージュベーシックカラーは 暗めのベージュ、ブラウン、焦げ茶

・ウインター(冬)
ヴィヴィットカラー(原色)や暗めの鮮やかな色グループ
冬の 雪景色のようなモノト ーン(白、グレー、黒)、原色の鮮やかな色が似合う(赤みや青みの強いピンク、エメラルドグリーン、パープルなど)
淡い色が似合いづらいブルーベース。
暗く鮮やか目は深みのある黒、肌は抜けるような白やピンク系の赤みがあるベーシックカラーは 白、ブラウン、焦茶

■プロのパーソナルカラー診断

プロのパーソナルカラー診断は、ドレープと呼ばれる色布を使用します。
100色以上もあるドレープを顔にあてて、どの分類になるか、さらにどの色が似合うか判断します。
パーソナルカラーを知りたい場合、プロに依頼するのが1番確実です。
しかし、実際 に依頼 するとなるとなかなか難しい場合があります。
そのような場合、ネットの簡易診断や 折り紙を使って判断する方法もあります。
折り紙(15cm×15cm)を使う場合晴れた日に太陽光か入る室内か白色系の照明の場所で行います。
鏡を見ながら顔の下に一枚ずつ折り紙をあててみて、顔色がよく見える色が似合う色です。(もしくは、折り紙の上に手をのせて、肌が明るく見える色)
まずは金紙と銀紙を使い、イエローベース、ブルーベースから判断します。
金紙で血色が良く見えた場合はイエローベース。
銀紙の場合はブルーベースです。
折り紙によっては色の偏りもありますが、似合う色を大まかに知ることが出来ます。

■似合う色と好きな色

似合う色と好きな色が異なる場合もあります。
そのようなときには、ストールやシャツなど顔の近くにパーソナルカラーを使い、ズボンやスカートなどに好きな色を使いましょう。
パーソナルカラーは年齢による変化がありません。
知っておくことで、今後のおしゃれにずっと役立ちます。

参考
似合う服の法則でずるいくらい美人になっちゃった! リベラル社
パーソナルカラー Wikipediaパーソナルカラーとは?
ICBI折り紙使って簡易的にパーソナルカラー診断してみた ちゃがさんなDays

運営会社について