logo

戸田被服株式会社

楽して快適な毎日を

広島県福山市新市町にて、婦人向けの総ゴムボトムスを企画製造販売している会社です。

お問合せ番号0847-51-2233

くるぶしが出る丈アンクルパンツ

足首が出る丈のことを「アンクルパンツ」と呼びます。
アンクルとは「足首」の事で、9分丈パンツ等がアンクルパンツに分類されます。
「女性は3つの首を出すと綺麗に見える」と言われます。
体の中で細いとされるこの「首」「手首」「足首」を強調することで、女性らしい華奢な印象や、引き締まった個所を出す事で着やせした印象を与える事が出来ます。
アンクル丈はストレートパンツに限らず、ワイドパンツやガウチョパンツ等色んなシルエットのものがあります。
首や肩回りがこんもりしていて太いとお悩みの方は、肩甲骨を意識して動かしてみてください。
毎日意識して動かす事でリンパの流れがよくなり、首周りの浮腫みが解消されてスッキリとしてきます。

上記の通り、3つの首を出すことで華奢に見せたり、着やせしたスッキリとした印象を与えられる事がわかりました。
しかしながら背の低くなった世代でアンクルパンツは似合うの?という疑問が出てきます。
結論から言いますと、足首がしっかりでる9分丈であれば似合います。
通常のアンクルパンツとして売られている商品を買うと通常の長さのパンツと変わらない丈感になりがちです。
自分の身長にあったアンクルパンツを履くことで、スッキリとした華奢な印象を作ることができます。
当店のアンクルパンツはシニア世代(60代~)に向けて作らているものが多く、低身長の方でもきっと似合う股下がみつかるはずです。

参考:緑のgoo コラム “3つの首”で魅せる!プロが教える「美しい仕草」

参考:ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

弊社について

私ども戸田被服株式会社の事業内容、および会社沿革などについてはこちらをご覧ください。

卸売り販売について

問屋・百貨店向けに卸販売を行っております。また卸売り専用サイトにも出店しています。

営業日カレンダー

営業日につきまして/弊社営業日・休業日についてはこちらよりご確認いただけます。

【公式】YouTubeチャンネル
新商品や既存商品のご案内等を主にお届けしております。

スタッフあわねのおすすめマガジン

週に1回発行しているメールマガジンを保管しています。お客様のお悩みを解決するような内容にてお届けしています。

ゆるっとパンツ

ワイドパンツに変化を付けた企画です。部屋着と外着の中間のようなおしゃれ着で楽な着心地です。

リハビリパンツ

自立を助けるリハビリパンツ
「自分でできることは自分でしたい。」
リハビリパンツは、そういった自立を助けるズボンです。

ワイドパンツ

幅広の裾が足首の細さを強調し、脚のラインを美しく見せます。そのようなシルエットが足首をほっそりと見せ、気になるO脚をカバーしてくれます。

ストレートパンツ

シルエットとは服を着たときの型や輪郭のこと。 おしゃれにおいてポイントになります。体型に合うズボンこそ、シルエットがきれいに見えるんです。

スキニー

サイズ選びに注意すれば スキニーパンツは使いやすいアイテムです。肌に密着する分、着脱が楽なようにストレッチ性のある生地が使用されているものが多く、意外とはき易いのです。

アンクルパンツ

くるぶしが出るくらいの丈の事をアンクルパンツと呼んでいます。足首を出すことで、スッキリとした軽やかな印象を与えます。

フォーマル

正装は、行事や儀式のきまりに合わせて、大きく次の3つに分けられます。 正礼装・準礼装・略礼服。コラムでは詳しく解説していきます。

綿100%

柔らかな肌着、しっかりとしたデニム、シルクのような光沢 を持つブラウスまで その風合いは様々です。綿素材の特徴についてお話ししたいと思います。

ウールについて

冬のイメージが強いウール、実は一年を通してお勧めの素材です。吸湿性が高く、汗をかいても1日中サラサラの状態を保ち、冬は暖かく夏は涼しく過ごす事が出来る最強素材です。

ポリエステル

化学繊維の中で最も生産量の多い繊維がポリエステルです。丈夫でシワになりにくく、速乾性に優れており取扱いしやすいのが特徴です。

企画サイズ

例えは、Mサイズのズボンを2種類買ったとき ひとつは ぴったりだったのに、 もうひとつは小さかった(大きかった) なんてことありませんか?

生地の厚さ

ネットショッピングで判りにくいのが「生地の厚さ」。弊社では4段階にて生地の厚さを表示しております。夏物と春・秋・冬に分けてお客様にお選びいただきやすいようにしています。

新JIS規格について

平成28年12月より衣類等の洗濯表示が変わりました。旧表示は22種類だったのに対し、現在は41種類となり見慣れないマークもあるのではないでしょうか。